2019年12月23日

Column

CAが選ぶ!お鍋に欠かせないおすすめ3選

12月。
もうすっかり冬らしくなってきましたね。
そろそろ食卓にお鍋が登場する回数も増えてくる頃ではないでしょうか?

CAにはお鍋におすすめしたいものがたくさんあるのですが、今回は特にこれは!!という厳選3品に絞りました。

辛旨い完熟の唐辛子でつくる「練り柚子胡椒」

うららかな和歌山の太陽のもとで育った完熟の大さや唐辛子と、高知産の香り高い柚子を使った練り柚子胡椒。
見た目が赤いのでいかにも辛そうに見えますが、辛さの中にも甘みを感じるのは完熟ならでは。もしかすると一般的な青唐辛子の柚子胡椒よりもマイルドに感じるかもしれません。
材料は柚子の皮と完熟赤唐辛子、リンゴ酢と塩というシンプルなもので保存料などの添加物は一切入っていません。
汁ものにも溶けやすいところが使いやすくてお気に入りです。
お鍋の出汁に少しずつ溶かしたり、大根おろしにまぜてもみじおろしのようにしたり、お鍋に使いやすい柔らかめのペースト状です。

もちろんお鍋以外にも、
うどんの七味代わりに、
餃子のタレにまぜて、
焼いたお肉につけて、
炊きものの隠し味に、

などお料理によって七変化します。

120年の伝統が生み出す「濱さんの柚子ぽん酢」

お鍋や湯豆腐に欠かせないのがポン酢!
世の中にはたくさんのポン酢がありますが、ポン酢好きな人にこそチェックしてもらいたいのが、徳島県産の香り高いすだちを惜しみなく使ったこちらの「濱さんの柚子ぽん酢」です。
瓶を開けた瞬間に立ち上るすだちの香りに期待が高まります。

出汁は北海道道南産の厚みある昆布、鹿児島県特産のかつお節でじっくりとひいた一番だし。

そして味の決め手になる醤油は120年に渡り「長期熟成古式醸造」を頑なに守り続ける「濱醤油」のこいくち醤油です。工場で大量生産できる時代に、昔ながらの杉樽仕込みで醤油をつくっているところは少なくなりました。でも手間と時間をかけて熟成した醤油は風味が違います。とてもまろやかで蔵の香りがする「秘蔵しょうゆ」です。
これを使えばいつものお鍋が一気にグレードアップしますよ!

お鍋の中で行方不明になりにくい「デカプリオイスター」

最後はお鍋の主役になる一品です。
なかなかインパクトがあるネーミングの「デカプリオイスター」。
こちら、お客様のリピート率も高い人気商品です。

牡蠣ってお鍋に入れるとみるみる小さくなって、行方不明になって「あれ?牡蠣人数分入れたはずなのに?」なんてことありませんか?
あれ、結構切ないですよね。

この「デカプリオイスター」は行方不明になりません。
兵庫県赤穂市の目の前に広がる瀬戸内海は温暖な気候に恵まれ“日本の地中海”とも呼ばれています。
そこで育つ坂越牡蠣は、身が大きくプリっとしているのが特徴です。
そして熱を加えても縮みにくいというのが嬉しいポイント。
お鍋の中で行方不明になりにくく、ちゃんと存在感を発揮してくれます。

もちろん大きさだけでなく味も抜群。プロトン凍結というハイブリッドな凍結方法で新鮮なうちに冷凍しているので、解凍時のドリップが少なくうま味が逃げにくくなっています。臭みが少なく、まろやかな味わいでひと口で牡蠣の美味しさを感じます。

今夜は簡単にお鍋にしたいけど、メインの具材がない……
なんて時に冷凍庫にこの「デカプリオイスター」があれば安心です。
たっぷり500g入りなのでご家族で楽しめますよ。

さて、CAの数ある商品の中からお鍋に特におすすめのアイテムをピックアップしました。
お野菜ももちろんお鍋にぴったりな白菜、菊菜、キノコ…いろいろご用意しています。
「今夜はなに鍋にしようかな……」と迷ったらスタッフにお声がけください。
スタッフそれぞれの一番のおすすめをこっそりお教えします。